「はじめに、眼ありき」サンコンタクトレンズの理念

社会への貢献

会社の発展は社会に貢献した度合いによって決定される
 

安全な視力の提供

レンズそのものを売るだけでなく安全性や快適さというソフトウェアを付けて売る会社でありたい

ベストの製品作り

最小であっても最良のコンタクトレンズを提供する会社でありたい
 

「コンタクトレンズ医療」への取り組み
  ~眼に合わせて作るコンタクトレンズ~

弊社は1971年に創業しました。 創業時のポリシーは、「安全で快適なコンタクトレンズ」の提供でした。 1992年、眼に合わせてコンタクトレンズを作製する「カスタムメイドシステム」を開発し、カスタムメイドレンズの提供を開始しました。
カスタムメイドレンズは「規格品レンズを眼に合わせる」とは真逆の考え方で、一人一人の眼の形状を科学的に解析し、さらに眼瞼等の情報を加えて一枚一枚製作するレンズです。

残念ながら、現在のコンタクトレンズを取り巻く環境は、使い捨てコンタクトレンズが市場を寡占しています。
そのような中であっても弊社は科学的な思考、先進の技術、最新の設備をそろえ、一人でも多くのユーザーへ最良のレンズを届けたい、またそのレンズとはこだわりぬいた究極のハードコンタクトレンズ【カスタムメイドレンズ】であると考えます。

さらに、医療に携わる企業として、様々な角膜疾患に対する特殊コンタクトレンズの研究開発にも力を入れ、社会への医療貢献にも寄与して参ります。
こだわりのレンズと社会への貢献、それが弊社に課せられた社会的使命であると考えております。

今後とも弊社が目指す「コンタクトレンズ医療」への取り組みにご期待いただき、倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年3月

会社概要を見る