50th Anniversary

お知らせ

京都中小企業技術大賞を受賞しました

2015年11月04日

お知らせ一覧戻る

この度当社は、平成27年度の「京都中小企業技術大賞」で『技術大賞』を受賞しました。




受賞内容 「ツインベルタイプとその技術応用」



<開発の内容・特徴>

ハードコンタクトレンズの装用感と涙液交換の効果を大幅に改善した「ツインベルタイプ」と、その技術を基に「ツインベルベベルトーリックタイプ」「ツインベルLVCタイプ」を開発。強度の不正乱視や屈折矯正術後や角膜移植後などの眼に、視力・装用感の改善が可能なコンタクトレンズを提供することができた。



京都中小企業技術大賞」は平安建都1200年を記念し、平成5年から実施されており、京都府と財団法人京都産業技術振興財団によって設置された技術顕彰制度です。

 技術開発に成果を挙げ、京都産業の成長に貢献した京都府内の中小企業及び技術者の功績を顕彰しています。毎年、技術大賞1企業、優秀技術賞4~6企業、特別技術賞1企業が選ばれます。



 当社は平成6年度にビデオケラメトリーシステム『SK-2000』で『優秀技術賞』を受賞しましたが、その技術を活かし、レンズデザインを応用・発展させたとして、今回2度目の受賞となりました。同じ企業が複数回受賞することは非常に稀とのことです。



 今回の受賞を励みに、より一層「安心・安全で快適なコンタクトレンズ」を提供するために努めていきたいと思っています。